«
ネット広告業界
| トップページ |
新銀行東京 »

2005.04.22


“倭” から “和” へ

“倭(わ)” から “和(わ)” に変わった理由。

それは、当時の日本人が中国との交流を進めるうちに、
自国意識を強く持ちはじめたことの表われと考えられます。

中国人が<やまとことば>の“わ”と同じ発音をする
当て字として、“倭”という字を選びましたが、
“倭”には中国語で「みにくい」という意味が含まれます。
そこで同じ“わ”に近い発音でありつつ、
当時の日本人が持っていた自国の理念(協調の精神)に
近い意を含んだ字を当ててもらいたいと中国人に伝えたと思われます。
結果、選ばれた字が“和”というわけです。

<< 前に戻る

--------------------------------------------------------
【参考文献】
逆説の日本史(古代黎明編) / 井沢 元彦 (著)
その他、各ホームページ
--------------------------------------------------------

«
ネット広告業界
| トップページ |
新銀行東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:
“倭” から “和” へ
:

«
ネット広告業界
| トップページ |
新銀行東京 »