« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.31

大晦日

2006年、色々とお付き合いいただきまして、
本当にありがとうございました。<(_ _)>

皆様、良いお年をお迎えください。

◎百八煩悩
  http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/97_6_18.html

◎除夜の鐘
  http://ja.wikipedia.org/...

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.30

BLOG写真で2006年をふりかえる

この1年、BLOGにUPした写真で1年をふりかえってみたいと思います。

【1月】



今年は戌年だったんですよね。
その割には犬を意識したことが全くありませんでした。
来年はイノシシを少し意識しながら生きていこうかな。w

【2月】



東京駅がついに・・。
という話があり写真を撮りにいったのですが、
どうやら工事は延期になったようです。

【3月】



浜離宮でこんなに素晴らしい菜の花畑が見れるとは知らず、
目にした時にはビックリしました。
来年も少しでも早く春を感じに、
菜の花を求めて、ぷらっと散歩に出かけてみたいと思います。

【4月】



桜の季節に皇居を一周散策したのも初めての経験でした。
東京で見る桜というのは、今まであまり好きでなかったのですが、
これを機に意外にいいものだと実感。

【5月】



子供の頃に通った想い出が沢山詰まっている
交通博物館がその長い歴史に幕を下ろしたのも今年でした。
夏にドラマ「電車男SP」の舞台で、
とんでもない演出で登場していたのにはビックリしたけれど。w
来年10月に新たに登場する鉄道博物館に期待して。

【6月】



川越散策に行きました。
実はまだ全然写真をUPしていないので、こちらは来年にでも。
川越は非常に奥が深くて、とても1日では足りなかったので
あらためてまたゆっくりと足を運び、
色々な店の人とも交流してみたいです。( ^ー゜)

【7月】



自分の中で今年最大の出来事である九州への旅。
7月の下旬に行ってきました。
あまりにも刺激を受けすぎてしまい、帰ってきてから2~3ヶ月は
九州病にヤラれていました。
明日にでもまた行きたいっす。w

【8月】



今年の夏は沢山の花火大会に足を運びました。
さすがに後半はちょっと飽きが・・。w
でもまた来年の夏になると、「花火!花火!」と
小躍りしているんだろうな。(゜レ゜)

【9月】



ついにサファイア・プリンセスと対面できたのが9月。
本当にデカかった。(゜○゜)
来年は久々にクイーン・エリザベス2が入港するので、これまた楽しみ。
やっぱり船がやってくると、横浜に住んでいて良かったと思えるな。^^

【10月】



これまでの人生で鎌倉に最も多く行った年だったかもしれない。
年々、興味あることが増えている最近ですが、
その度に鎌倉がどんどん楽しくなっています。
来年はどんな発見や出会いがあるかな。

【11月】



今年も色々なネットサービスを楽しませてもらいましたが、
中でもmyspaceでは登録後1週間で、
あのoasisのノエルとゲムのライブが当選してしまったのでビックリ仰天。
最高のライブで幸せな時間でありました。v
ありがとう!myspaceさん。

【12月】



土器の魅力にハマったのも今年でした。
特に縄文時代の土器は、なぜだか見ているだけで
すごく心が落ち着きます。
来年は機会があれば土器作りなども体験しつつ、
縄文時代、弥生時代の皆さんの作品を
より多く、ご紹介できればと思っています。

--------------------------------------------------

と、あらためてふりかえって感じたのは、
最近の自分はすっかり興味のあるものが変わってしまったなと。
数年前までは、もっと流行のものやCOOLな世界、
ギラギラしたものが好きだったんですが・・。
今ではすっかり日本の四季、古の趣にヤラれてしまっています。
でも、そんな今の自分が好きだったり。
(デター(゚∀゚) 自分好き発言 って言われそうですがw)

新旧問わず人が生み出すモノ・・には年々興味が増すばかりなので、
来年も、多くのモノを楽しみながら、
日本の四季、古の趣、そして、食、酒、音楽、色々な人との時間、も
しっかりと感じながら、前向き自然体に過ごしていきたいと思います。^^

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006.12.29

今年の漢字



今年は久々に今後の自分の生き方(ちょっと大げさかな?^^)について
「考」ることが多い年でした。
1年間を通して、常に色々と「考」ていた気がします。
そんな中、自分がこれから目指していきたいと思っている
ライフスタイルを実践されている様々な方と知り合うことができ、
沢山の刺激を受けることができました。
来年は、そういった皆さんの助けもいただきながら
少しずつ「考」を「形」に、さらに「実」の方向に進めることができるよう
頑張っていきたいと思います。(゜レ゜)

昨年の漢字

| コメント (0) | トラックバック (1)

サニーサラダ

| コメント (0) | トラックバック (0)

道端にて

| コメント (0) | トラックバック (0)

道端にて

| コメント (0) | トラックバック (0)

道端にて

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.28

H1 CAFE [横浜・仲町台]



徹底的にハワイアンな店。この日は店内でフラダンスが。(^^)

◎H1 CAFE
  http://www.h1-cafe.com/

◎ぐるなび - H1 CAFE
  http://r.gnavi.co.jp/b047700/

◎ALOHAWAVE(アロハウェーブ)さんより
  http://www.alohawave.jp/...

| コメント (0) | トラックバック (1)

満珠園 [横浜中華街]



2Fの座敷部屋でゴロゴロしながら、まったり中華ができます。w

◎Google検索「満珠園」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

訃報 ジェームス・ブラウン

ジェームス・ブラウンの音楽からは、多くの力をもらいました。
心からご冥福お祈りいたします。

James Brown - Wikipedia


氷川丸

景感写眞 -氷川丸- / 写真集 Vol.2

-------------------------------------------------------------------------------

景感写眞 -氷川丸- / 写真集 Vol.1

-------------------------------------------------------------------------------

▼氷川丸マリンタワー株式会社パンフレットより
日本郵船会社は明治29年7月に米国のグレート・ノーザン鉄道会社と提携して
同年8月にシアトル航路を開設、のち昭和5年航路の船隊整備が行われ、
新造貨客船氷川丸、日枝丸、平安丸の3隻の姉妹船がシアトル航路に就航。
氷川丸はその第1船として昭和5年4月25日に三菱横浜造船所において竣工、
同年5月13日シアトルに向けて処女航海の途につきました。
建造費は当時655万円(現在の貨幣価値で120億円以上)。
数々の航海の記録の中、昭和7年・喜劇王チャップリンが、
昭和12年・英国訪問の帰国途上カナダより秩父宮ご夫妻が、
乗船されるなど、乗客は多彩を極めました。
その後、昭和16年8月シアトル航路は休止、氷川丸は73次航で航海を
打ち切りました。
氷川丸は、昭和16年11月に海軍に病院船として徴用、その後5年間
南方で活躍、終戦後は復員、引揚者輸送に尽力しました。
昭和28年氷川丸は再び貨客船としての姿を取り戻し、
7月に太平洋を横断する唯一の本格客船としてシアトル航路に復帰、
フルブライト留学生等日米の若い学生の他、昭和34年には米・加公演に
赴く宝塚歌劇団が乗船等活躍しましたが、昭和35年を最後に航路を撤退、
引退となりました。
その間戦前戦後を通じ、北太平洋の荒波を238回横断、
25,000人もの人々の船旅をささえました。
昭和36年、「横浜港開港100周年記念事業」の一環として、
生まれ故郷の横浜港・山下公園に係留された後は、横浜港のシンボルとして、
日本人の心の中の客船のイメージそのものになっています。
また、平成15年11月には、造船技術史上、建築史上、近代史上の価値が
認められ、水面係留船舶としては全国で初めて、横浜市指定有形文化財に
指定されました。

---------------------------------------------------------------------------------------

◎氷川丸とマリンタワーのHOME PAGE
  ttp://www.hmk.co.jp/

◎氷川丸 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/...

   

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

STS-116 作業終了



Backdropped by a blue and white Earth, the International Space Station moves away
from Space Shuttle Discovery. Earlier the STS-116 and Expedition 14 crews
concluded eight days of cooperative work onboard the shuttle and station.
Undocking of the two spacecraft occurred at 4:10 p.m. (CST) on Dec. 19, 2006.
Astronaut William A. (Bill) Oefelein, STS-116 pilot, was at the controls for the fly-around,
which gave Discovery's crew a look at its handiwork, a new P5 spacer truss segment
and a fully retracted P6 solar array wing. During their stay on the orbital outpost,
the combined crew installed the newest piece of the station's backbone
and completely rewired the power grid over the course of four spacewalks.

太陽電池パネルが折り畳めない状況が発生し、
それを直すために初の同一飛行士による4回の船外活動を
実施するといったこともありましたが、無事折り畳みも完了。(^J^)

日本時間で23日の早朝に帰還予定です。

IMAGE DATA © NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

Backdropped by a Colorful Earth / STS-116



STS-116 Mission Specialists Robert L. Curbeam, Jr. (left)
and Christer Fuglesang participate in the first of the mission's three planned sessions
of extravehicular activity as construction resumes on the International Space Station.

IMAGE DATA © NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

Working on the Solar Array / STS-116



Astronaut Robert Curbeam works on the port overhead solar array wing
on the International Space Station's P6 truss during the mission's fourth spacewalk.

IMAGE DATA © NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

火星に水が流れている?



この写真は1999年8月と2005年9月に
火星にあるクレーターの同じ場所を撮影した写真を並べたものです。
2005年9月の写真にはクレーターの壁から水らしきものが噴出し流れ出ていますよね。
以前に、火星の極地にある水の氷のお話をご紹介しましたが、
流れる水の場もあったとは驚きです。
ということは・・生物は・・。(^J^)

IMAGE DATA
© Robert Nemiroff (MTU) & Jerry Bonnell (USRA)
NASA Web Site Statements, Warnings, and Disclaimers
NASA Official: Phil Newman; Specific rights apply.
A service of: ASD at NASA / GSFC
& Michigan Tech. U.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

100万人のキャンドルナイト 2006 冬至

▼案内サイトより
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2006年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

◎100万人のキャンドルナイト candle-night.org
  http://www.candle-night.org/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

エコプロダクツ2006

▼案内サイトより
社会の地球環境問題への意識は高まり、循環型社会へのシフトが着実に進んでいます。
企業は一層の環境経営やCSRの確立に推進することが求められ、
市場には多くの「エコプロダクツ」が登場し環境性能を競っています。
まさに、環境ブランドを確立する企業が市場を制する時代となりました。
本展はエコプロダクツの普及とビジネスチャンスを拡げることを目的に、
1999年にスタートし、2006年で8回目の開催を迎えます。
出展者数は2005年に500社・団体を超え、
14万人以上が来場する、わが国最大級の環境総合展です。
「エコプロダクツ2006」でも、環境ビジネスの拡大や環境コミュニケーションの実践、
環境NPOや市民グループ、大学などの参画、
子供や若年層への環境教育などさまざまな企画を展開してまいります。

◎エコプロダクツ2006
  http://eco-pro.com/

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国古民具骨董祭り

▼案内サイトより
全国から約250店の業者が1300坪の会場に
数十万点の古民具骨董を並べて展示販売致します。
全国最大のこの骨董祭りはすでに28年の実績があり、宮様をはじめ、
有名芸能人のアンティークファンも毎回お見えになり3日間で約4万人の入場者があります。
価格は100円のものから数百万円の物まで所狭しと展示されています。
日本古来の骨董ばかりで無く
西洋、アメリカ、アジア、中国、中近東等、世界中の品物が揃い、まさに荘厳です。
 単なる売り買いを越えて人間の古い文化遺産を後世に伝えると云う意義と使命が
ひしひしと感じられるほど素晴しい骨董祭りを是非お勧めします。

◎全国古民具骨董祭り
  http://gold.ap.teacup.com/kottohmaturi/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ピクチャートレイン美術館

▼案内サイトより
「ピクチャートレイン美術館」は、障害者週間に合わせ、
山手線の1編成の広告スペースを借り切って、2001年にスタート。
皆さんからたくさんの反響をいただき、今年で6回目の実施となります。
今年の出展は、都内の国公私立盲・ろう・養護学校と、
公立小中学校の心身障害学級の児童・生徒から応募のあった作品約800点です。
また、心身障害教育の現状などを紹介するポスターも掲示します。
作品を通じて、心身障害教育への理解が深まり、
心のバリアフリーが広がることを期待しています。

◎ピクチャートレイン美術館
  http://info.yomiuri.co.jp/pr/p-train/

| コメント (0) | トラックバック (1)

さようなら 市営地下鉄 1000形・2000形

▼案内サイトより
昭和47年の開業以来、横浜の街を走り続けた「1000形」と、
関東の地下鉄では初の冷房車として昭和59年に登場した「2000形」の
最後の時が近づいています。
市民と共に走り続けた地下鉄車両の「その時」を皆さまと共に迎えます。

◎1000形・2000形の引退
  http://www.city.yokohama.jp/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

face 003

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ捨て場

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ捨て場

| コメント (0) | トラックバック (0)

おぼん



伊東の宿にて

| コメント (0) | トラックバック (0)

椅子のクッション



伊東の宿にて

| コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤル電話



伊東の宿にて

| コメント (2) | トラックバック (0)

これでも



駅なんですよ。(^<^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.11

月のパノラマ by アポロ17号



超拡大写真

月面着陸の謎について、先日Podcastingで取り上げましたが、
こちらの写真を見た限りいかがですか?(゜レ゜)

この写真が撮られた数日後に地球に戻って以来、
月には誰も行っていない・・・   ハズ。

© Apollo 17 Crew, NASA; Mosaic Assembled & Copyright: M. Constantine (moonpans.com)

| コメント (1) | トラックバック (0)

犬じゃないよ( ^ー゜)

| コメント (2) | トラックバック (0)

鶴岡八幡宮 寛文8年の狛犬

| コメント (0) | トラックバック (0)

( ゜Д゜) ぽかーん

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.10

玄海焼さば棒寿司 [羽田空港空弁]



最終便で羽田に着いた時、京急に乗り換える手前のお店で売っているので
購入して晩飯にしたりしてます。(゜レ゜) 製造元はちゃんと北九州市です。v

◎tidy Gake?さんより
  http://gake.oops.jp/...

◎なみぐるさんより
  http://ameblo.jp/...

◎ロジカル・コミュニケーションのブログさんより
  http://blog.logcom.jp/...

◎青玉雑記さんより
  http://aotamablog.seesaa.net/...

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.08

約2000年前の機械 - Antikythera mechanism



紀元前82年頃、日本は弥生時代。
既にその頃、古代ギリシャ文明では
その日の月や太陽、更には惑星までもの天空上の位置が
精密に表示される機械が生み出されていました。

現在、同じようなことを求める場合にはコンピュータで算出可能ですが
そのためには星の位置に関する膨大なデータベースが必要とのこと。
それが、コンピュータも無い2000年前にこのような機械によって
算出可能であったとは・・。

足し算や掛け算などの4則計算もできる装置であったことも判明し、
世界最古の計算機ではないか?との声も。

◎Antikythera mechanism - Wikipedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/...

◎アンティキティラ島の機械 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/アンティキティラ島の機械

IMAGE DATA © Wikipedia

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

日本時間 12月10日(日曜) 午前10時47分

4年ぶりにシャトルの夜間打ち上げ予定です。(゜レ゜)

国際宇宙ステーション太陽電池パドル大移動作戦のための電力系統の切換や
長期滞在クルーの交代等が行われます。

◎今回のミッション内容
  http://iss.sfo.jaxa.jp/iss/...

◎NASA - Space Shuttle
  http://www.nasa.gov/mission_pages/...

IMAGE DATA © NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

砂田屋 酒ケーキ



とても上品な酒とケーキのバランスでした。( ^ー゜)
Kさん、ありがとう!v

◎まがりや.net - 株式会社砂田屋 酒ケーキ
  http://www.magariya.net/shopping/...

◎砂田屋
  http://www.sunataya.co.jp/

◎砂田屋 酒ケーキ
  http://www.rakuten.ne.jp/...

◎読売新聞より
  http://www.yomiuri.co.jp/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋の彩

| コメント (0) | トラックバック (0)

縄文人の作品 - 010

国立博物館にて

| コメント (0) | トラックバック (0)

鶴岡八幡宮 鶴岡幼稚園

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

Podcast Summit 2 powered by ケロログ

◎Podium
  http://www.po-di-um.net/blog/

| コメント (2) | トラックバック (0)

横浜みなと骨董市

案内サイトより
前回の横浜みなと骨董市では来場者数3日間合計1万5千人、
100店舗もの和洋骨董店舗が自慢の商品を並べて皆さんを楽しませました。
横浜は、昔より日本の伝統と西洋の新しい文化が入り乱れて
とてもエキサイティングな街です。
これからも、良い商品を皆様にご提供させて頂きます。

◎横浜みなと骨董市
  http://www.kotto-ichi.com/yokohama.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

三溪園 入園料100円ウィーク

▼案内サイトより
ことし開園100周年を迎えた三溪園。
一連の記念事業のフィナーレとして「入園料100円ウィーク」を実施します。
100円硬貨一枚だけご用意ください。

◎三溪園
  http://www.sankeien.or.jp/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

デザイン・フェスタ

▼案内サイトより
デザイン・フェスタは、チャンスを積極的につかみとるアーティスト達の祭典です。
1994年より始まり毎年2回開催しています。
世界中のあらゆるアーティストが自由な形式で作品を発表、
会場はまさに表現のカオスです!

◎デザイン・フェスタ
  http://www.designfesta.com/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »