« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007.11.30

原の辻遺跡で船着き場囲む環濠を発見

長崎県教育委員会は12日、同県壱岐市の国指定特別史跡
「原(はる)の辻遺跡」で発掘された日本最古の船着き場跡の西側で、
環濠(かんごう)とみられる遺構を発見した、と発表した。

専門家らはこの遺構について、弥生時代中期前半(紀元前2世紀ごろ)、
島状に造られた船着き場を防御するための施設として、
一体的に整備された可能性を指摘。「過去に類例のない重要な遺構」としている。

県教委によると、遺構は船着き場の西側にある幅約30メートルの川の岸から
約3メートル西側で発見。幅は約2.3メートル、深さ約0.8メートル。

原の辻遺跡は居住域を取り囲む幾重もの環濠が特徴で、
今回見つかった濠も船着き場を含む区域の周囲に巡らされているとみられる。

同遺跡調査指導委員会委員長の西谷正・九州大名誉教授は
「環濠で保護されていたとすると、船着き場は一支国(いきこく)の威信を示し、
大陸からの使節らを迎える儀式の場として築かれた可能性がある」と話した。

一方、これまで判明している船着き場の東突堤部に加え、西突堤部の先端を確認。
長さはともに約15メートルで、東西対称だったことが分かった。

また、昨年、船着き場南側で見つかった導水のための石積み遺構には、
川底や斜面に石を積むなど当時、国内には存在していなかったとされる技術が
使われていることが判明。大陸の技術者の指導を受けたとみられる。

◎西日本新聞 2007年11月13日
  http://www.nishinippon.co.jp/...

◎Google検索「原の辻遺跡」
  http://www.google.com/...

2007.11.26

流山駅構内

| コメント (0) | トラックバック (0)

屋根が・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

横丁

| コメント (0) | トラックバック (0)

掲示板

| コメント (0) | トラックバック (0)

流山駅

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.23

流星衝突? “ツングースカ大爆発”

1908年6月30日朝 現・ロシアのツングースカ川上空で
大爆発がありました。

隕石孔や隕石の残片などは発見されていませんが、
地球に落下した天体が爆発した説が強いです。

爆発の力は、なんと広島に落とされた原爆の
推定1000倍だったともいわれています。

40kmを超える範囲の木々をなぎ倒し、
ヨーロッパでは白夜のような状態が数ヶ月も続いたそうです。

上の写真は爆発から20年後のツングースカの様子です。

20世紀最大の謎の1つともされている、この大爆発。

もし、今、都市に近い海で起きたら大津波も起き
計り知れない事態になるかと思います。

◎Google検索「ツングースカ」
  http://www.google.com/...

© Leonid Kulik Expedition, Wikipedia

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームズ彗星

話題のホームズ彗星、ご覧になりましたか?^^

彗星の頭(コマ)は、なんと直径140万kmにもなりました。

こちらの写真は2007年11月14日にハワイ・マウナケアの
Canada-France-Hawaii Telescopeで撮影されたものです。

最新のホームズ彗星ニュースは↓からどうぞ。
Googleニュース

© Jean-Charles Cuillandre (CFHT), Hawaiian Starlight, CFHT

| コメント (0) | トラックバック (0)

月では見れない?月の地球の出

写真掲載が可能となりましたので、あらためて“地球の出”をご紹介。^^

ご存知の通り、月はいつも同じ面を地球に向けています。
ですから、月の上では“地球の出”を見ることができません。

月の周回軌道上で動くことによって観測できる現象となっています。

© SELENE Team, JAXA, NHK

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

ED42

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

アプト式ラックレール by Selfpit

| コメント (0) | トラックバック (0)

大仏経由 鎌倉山

| コメント (0) | トラックバック (0)

本日(水)は定休日です

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊島屋

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊島屋

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊島屋

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊島屋

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

DD53

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.13

地球の出、地球の入り

http://www.jaxa.jp/...

「かぐや」ハイビジョンカメラによる映像

| コメント (0) | トラックバック (0)

月面

http://www.jaxa.jp/...

「かぐや」ハイビジョンカメラによる映像

| コメント (0) | トラックバック (0)

柳沢遺跡で新たに銅鐸の破片2点と銅戈5本が出土

長野県埋蔵文化財センター(長野市)は1日、
弥生時代の青銅製祭器「銅戈(どうか)」2本が10月に出土した中野市の柳沢遺跡で、
新たに「銅鐸(どうたく)」の破片2点と、銅戈5本が出土したと発表した。

銅戈と銅鐸が一緒に出土したのは、全国では神戸市の桜ケ丘遺跡など数例しかなく、
東日本では初。研究者は、従来伝わる弥生社会のあり方や
青銅器文化を塗り替える発見と指摘している。

同センターによると、銅鐸片のうち1点は一部が土中に残っており、
高さ約6センチ、最大幅8センチ。復元すると全体の高さは約20センチと推定できる。

古い形式の鳴り物と考えられている「菱環紐(りょうかんちゅう)式2式」か、
「外縁付紐(がいえんつきちゅう)式1式」とみられる。
南関東で出土例のある類似品(小銅鐸)とは異なる。

もう1点は近くの排水溝の底にあり、高さ約8センチで最大幅が約3センチ。
古い銅鐸に多い、のこぎりの刃に似た鋸歯文(きょしもん)の文様がある。
2点が同じ銅鐸かどうかは今後調べる。

やりの穂先に似る銅戈は5本とも刃先が西の方角を向き、
うち4本が刃を上に向けて整然と並べられ、もう1本は少し離れて埋まっている。
大阪湾周辺で見つかっている「大阪湾型」とみられる。

調査指導委員会委員の石川日出志・明大教授(考古学)によると、
出土した銅戈、銅鐸とも、形式などから弥生中期の紀元前2世紀に作られ、
紀元前後に埋められたと考えられるという。

柳沢遺跡は千曲川と夜間瀬川との合流点の東側に位置。
これまで弥生時代の水田跡などが見つかっている。

◎信濃毎日新聞 2007年11月2日
  http://www.shinmai.co.jp/...

◎Google検索「柳沢遺跡」
  http://www.google.com/...

五歩市遺跡で竪穴住居10棟を発掘

石川県埋蔵文化財センターは三十一日、白山市五歩(ごぼ)市町の五歩市遺跡で、
大型の竪穴住居など弥生時代後期から古墳時代前期の集落跡や
鎌倉から室町時代の集落跡が、良好な保存状態で確認されたと発表した。
当時の建物構造や集落の様子などを解明するための貴重な史料になりそうという。

弥生後期から古墳前期の集落跡では、長軸で十一メートルの大型竪穴住居を中心に
集落跡が広がる保存状態が良い形で見つかった。

このほか弥生土器つぼ、高坏(たかつき)、器台などの遺物も出土しており、
現地説明会の際に十数点まとめて展示される。

五歩市遺跡は、JR松任駅から東へ約一キロ離れた北陸線沿の田んぼにあり、
弥生から江戸時代までの集落遺跡。

今回の調査対象は約一万二千四百平方メートルで、
弥生後期にはすでにこの地域に人々が暮らし始めていたことが確認されたという。

◎中日新聞 2007年11月1日
  http://www.chunichi.co.jp/...

◎Google検索「五歩市遺跡」
 

弥生女性はこんな顔?

◎山陽新聞
  http://www.sanyo.oni.co.jp/...

西ノ丸遺跡で弥生の環濠集落

鹿屋市串良町の西ノ丸遺跡で、集落を外敵から守るために掘られたとみられる
弥生時代中期(約2000年前)のV字形の溝が見つかった。
溝の周辺で弥生時代中期から古墳時代の竪穴住居跡が約40基確認されており、
環濠(かんごう)集落であったと思われる。
同市教育委員会によると、環濠集落としては大隅半島で初めてとなる。

溝は深さ1.5メートル、幅は最大で2.5メートル。
琉球大学が9月に地下レーダーで調査、
集落の周りを円を描くように掘られていることが分かった。

溝の中からは、かめやつぼなど1万点を超える弥生時代中期の土器が出土している。
ほかに管玉などの装身具や石鏃(せきぞく)も見つかった。

同市教委は、はぎ取ったV字溝の断面を、出土品の一部とともに
串良歴史民俗資料室(くしらふれあいセンター内)に常設展示している。

◎南日本新聞 2007年10月22日
  http://www.373news.com/...

◎Google検索「西ノ丸遺跡」
  http://www.google.com/...

2007.11.04

こだビール

お世辞抜きで超旨でした!(一杯目)
瓶底部分のみ苦味?が残っていたけれど、全然イケますねー。
次は樽生でヨロ。w ご馳走様でした。^^

| コメント (3) | トラックバック (0)

ZakkokuHefeWeizen

今度は八高線途中下車の旅で立ち寄りたいと思います。
toshiさん、ご馳走様でした。^^

◎Google検索「ZakkokuHefeWeizen」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

OgawaPorter

ここの野生酵母パンも是非食べたくなりました。
toshiさん、ご馳走様でした。^^

◎Google検索「OgawaPorter」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

厚木ビール MARINE BREW

◎Google検索「厚木ビール marine brew」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

めかぶキング

意外にも・・(何なのかは飲んでからのお楽しみw)
コディー、ご馳走様でした。^^

◎Google検索「めかぶキング」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

タイガービール

◎Google検索「タイガービール」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

オリオンビール

◎Google検索「オリオンビール」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

バドワイザー

◎Google検索「バドワイザー」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

エチゴビール スタウト

◎Google検索「エチゴビール スタウト」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.02

下田港 ~ 日本最初の開港地

下田港は江戸時代末期に函館港とともに日本最初の開港となった。

ペリー艦隊停泊図

Message from President George Bush

ジョージ・ブッシュ大統領から下田市へのメッセージ

ペリー艦隊来航記念碑

----------------------------------------------------------------

◎Google検索「黒船来航」
  http://www.google.com/...

----------------------------------------------------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »