« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.30

火星人? 西の谷にて

火星探査機「スピリット」は、2004年1月に着陸して以来、現在も元気に活躍中です。
写真は、西の谷にて撮影されたものです。

拡大写真。
左奥(約8km先)に見えるのはGrissom Hillです。

拡大写真。
近く見える高台はHusband Hillです。

拡大写真。
何か人影のようなものが見えません?

更に拡大写真。
火星人??? ご判断は皆さんに委ねます。^^

火星人といえば、人面岩や

ハッピー・フェイス・クレイターも話題になりましたね。

◎Google画像検索「火星人」
  http://images.google.com/...

IMAGE DATA ©
Mars Exploration Rover Mission, Cornell, JPL, NASA,Malin Space Science Systems, MGS

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.22

水星の表面

水星探査機メッセンジャーによる撮影

比較的強い水星の重力作用により
クレイターの壁が低めになっています。

◎Google検索「水星」
  http://www.google.com/...

IMAGE DATA © MESSENGER Teams, JHU APL, NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

水星

先日、2008年1月14日に水星探査機メッセンジャーが
太陽に最も近い惑星・水星に大接近しました。

これは2011年の周回軌道投入のための第一回目のスイングバイによるもので、
ここまで水星に接近したのは1974年~75年のマリナー10号以来のこと。

写真は今回の接近時に撮影された30年以上ぶりの水星表面画像です。

◎Google検索「水星」
  http://www.google.com/...

IMAGE DATA © MESSENGER Teams, JHU APL, NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

流山駅ホームのイス

ボランティアサークル「明るい社会づくりの会」が
手づくりの座布団を駅に贈呈しています。

↓詳しいお話
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/...

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.14

伊豆急行 8000系 (旧 東急 8000系)

静岡県・熱海駅にて平成20年1月に撮影

静岡県・熱海駅にて平成20年1月に撮影

| コメント (6) | トラックバック (0)

スハフ43

静岡県・新金谷駅にて平成19年9月に撮影 / スハフ43-2

静岡県・新金谷駅にて平成19年9月に撮影 / スハフ43-3

静岡県・新金谷駅にて平成19年9月に撮影 / スハフ43-3

静岡県・新金谷駅にて平成19年9月に撮影 / スハフ43-2

| コメント (0) | トラックバック (0)

関東鉄道 キハ2200形

茨城県・下館駅にて平成19年8月に撮影

茨城県・下妻駅にて平成19年8月に撮影 (携帯電話写真)

------------------------------------------------------

走行音

------------------------------------------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.11

木星とイオ

2007年2月に無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が撮影した写真です。
(木星は三つの波長帯の赤外線光で撮影。木星とイオは合成加工。)

イオは木星の月で、写真の右側(青い部分)には太陽系の天体の中では、
地球以外で唯一火山活動を行っているTvashtar火山の様子が見えます。
そのやや左側にある赤い部分は溶岩です。

無人探査機「ニュー・ホライズンズ」号は2015年に冥王星に到着する予定です。

IMAGE DATA ©NASA, Johns Hopkins U. APL, SWRI

| コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れ時の地球

国際宇宙ステーションから撮影された夜・夕方・昼の様子です。

IMAGE DATA © ISS Crew, Earth Sciences and Image Analysis Lab, JSC, NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

乳房雲

メキシコのMonclova上空の様子です。

◎Google検索「乳房雲」
  http://www.google.com/...

IMAGE DATA © Raymundo Aguirre

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

ソ300 操重車

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

群馬県・碓氷峠鉄道文化むらにて平成19年9月に撮影

| コメント (0) | トラックバック (0)

切符 / JR東海 大垣駅

◎Google検索「大垣駅」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

切符 / JR東日本 水戸駅

◎Google検索「水戸駅」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

切符 / JR東日本 戸塚駅

◎Google検索「戸塚駅」
  http://www.google.com/...

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

伊豆急下田駅

駅舎

改札口

改札口

改札口

改札口

改札口

---------------------------------------------------

◎Google検索「伊豆急下田」
  http://www.google.com/...

---------------------------------------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

電話ボックス

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル ウラガ

http://www.hotel-uraga.yad.jp/

| コメント (0) | トラックバック (0)

道のタイル絵

| コメント (0) | トラックバック (0)

道のタイル絵

| コメント (0) | トラックバック (0)

手汲みポンプ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

EF58 61 ロクイチ お召し列車牽引指定機

神奈川県・新鶴見機関区にて昭和61年8月6日に撮影

東京都・田端機関区にて昭和61年8月24日に撮影

鉄友からもらった写真

東京都・田端機関区にて昭和61年8月24日に撮影

東京都・田端機関区にて昭和61年8月24日に撮影

東京都・田端機関区にて昭和61年8月24日に撮影

鉄友からもらった写真

団臨

神奈川県・北鎌倉駅~鎌倉駅間にて撮影 (サロンエクスプレスそよかぜ)

神奈川県・北鎌倉駅~鎌倉駅間にて撮影 (サロンエクスプレスそよかぜ)

神奈川県・保土ケ谷駅にて昭和61年9月14日に撮影 (サロンエクスプレスそよかぜ)

神奈川県・新子安駅にて撮影 (踊り子号)

神奈川県・国府津駅にて昭和62年2月14日に撮影 (踊り子号)

静岡県・伊豆高原駅にて撮影 (踊り子号)

静岡県・伊豆高原駅にて撮影 (踊り子号)

静岡県・伊豆高原駅にて撮影 (踊り子号)

群馬県・井野駅にて昭和61年8月27日に撮影 (EF58-89との重連)

神奈川県・戸塚駅~大船駅間にて撮影 (江戸牽引)

神奈川県・東戸塚駅付近にて撮影 (江戸牽引)

団臨 (やすらぎ牽引)

サイド

神奈川県・新鶴見機関区にて昭和61年8月6日に撮影

| コメント (1) | トラックバック (0)

鶴岡八幡宮 元旦 初詣

寺院(大仏)に続いて、神社(鶴岡八幡宮)にも初詣へ行ってきました。

----------------------------------------------------------

元旦は歩行者天国

二ノ鳥居

二ノ鳥居前 狛犬

二ノ鳥居

若宮大路

三ノ鳥居

三ノ鳥居にて

境内の様子

舞殿

舞殿の奉納大鯛

舞殿

大石段

本宮(上宮)より舞殿方向の様子

本宮(上宮)

授与所

熊手

おみくじ

----------------------------------------------------------

◎Google検索「鶴岡八幡宮」
  http://www.google.com/...

----------------------------------------------------------

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.01

鎌倉大仏 高徳院

「色々な面で、ど~ん!と構える体制ができるように・・」という願いを込めて
2008年の初詣は、鎌倉大仏へ行ってきました。

鎌倉大仏は、神奈川県鎌倉市長谷にある
浄土宗の寺院・高徳院の本尊(銅造阿弥陀如来坐像)で、国宝。

----------------------------------------------------------

▼案内板より

この大佛像は阿弥陀仏である。

源頼朝の侍女であったといわれる稲多野局が発起し、
僧浄光が勧進(資金集め)して作った。

零細な民間の金銭を集積して成ったもので、
国家や王侯が資金を出して作ったものではない。

初めは木造で暦仁元年(1238年)に着工し六年間で完成したが、
宝治元年(1247年)大風で倒れたので、再び資金を集め、
建長四年(1252年)に至って
現在の青銅の像を鋳造し、大仏殿を造って安置した。

原型作者は不明であるが、鋳工として大野五郎右エ門や丹治久友の名が伝へられる。

大仏殿は建武元年(1334年)と慶安二年(1369年)とに大風に倒れ、
その都度復興したが、明應七年(1498年)の海潮に流失以来は復興せず、
露像として知られるに至った。

大正十二年(1923年)の大地震には
台座が崩れ仏像は前に傾いたが倒れなかった。

大正十四年(1925年)台座を補強し
仏像を台座に固定せしめる耐震構造の修復がなされた。

昭和三十五、三十六年(1960~61年)の修理では、
前傾している頭部を支える頸部の力を、強化プラスチックで補強し、
大正修理でなされた耐震構造を改め、大地震の際は、
台座と佛体が離れる免震構造が施された。 
この強化プラスチックの利用と台座の免震構造は、
日本の文化財としては最初のものである。

----------------------------------------------------------

入口

仁王門

山号・大異山

仁王像

仁王像

手水舎

境内の様子

境内の様子

国寶 鎌倉大佛

大仏前

大仏前

鎌倉大仏・銅造阿弥陀如来坐像(国宝)

鎌倉大仏・銅造阿弥陀如来坐像(国宝)

鎌倉大仏・銅造阿弥陀如来坐像(国宝)

鎌倉大仏・銅造阿弥陀如来坐像(国宝)

鎌倉大仏・銅造阿弥陀如来坐像(国宝) 背後

鎌倉大仏・銅造阿弥陀如来坐像(国宝) 背後

鎌倉大仏・銅造阿弥陀如来坐像(国宝)

----------------------------------------------------------

大仏内部

大仏内部

大仏内部

▼大仏内部について・案内板より

巨大な鋳造の内部が、
このように美しく鋳型跡が判然と見られることは他に類が無い。

鋳からくり(銅壁の上段と下段の継ぎ合わせ方)がよく見られ、
鎌倉時代の巨像の工法とその技術の勝れたことがよく判る。

頸部の内面の「ねん土」を塗ったように見える部分は
昭和三十五年(1960)に強化プラスチック(ガラス布)を
張り重ねて、頭を支える力を強化したものである。

この仏像のゆかは、大地震の際にはその下の台座から離れて
地震の方向に辷るようにつくられてある免震構造、
但し、どんな地震でも仏像の重心が台座の外に出て、
仏像が倒れることは絶対にない。

プラスチックのこのような利用と免震構造とは日本文化財としては
最初のものである。

----------------------------------------------------------

灯篭

大仏のわらじ(茨城県松栄子供会奉納)

与謝野晶子歌碑

与謝野晶子歌碑案内

鎌倉三十三観音霊場 第二十三番札所

鎌倉三十三観音霊場 第二十三番札所

----------------------------------------------------------

▼拝観案内より

この大佛像は七百年前の造立て阿弥陀佛である。

僧浄光が民間に資金を勧進して造立された。

最初は木造で暦仁元年(1238)に着工し
寛元元年(1243)に完成したが
宝冶元年(1247)の大風で佛像も殿舎も破壊されたので
今度は青銅の大佛を鑄造せんとして建長四年(1252)に工を起して
佛像も殿舎も数年で完成した。

鑄工として大野五郎右衛門の名が寺伝にあり
丹治久友の名が他の記録に知られるのみで原型作者は不明である。

穂高(台座共)13.35米 青銅佛身11.312米 重量121噸
 
 
 

 
 

 
 

 
 

| コメント (6) | トラックバック (0)

【SelfPod】 2008年スタート!

| コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »