« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.28

黄泉の国・天照大神の誕生 <古事記・日本書紀(3)>

【Podcasting】

朗読部分は速度を107%に設定しています。

--------------------------------------------------------------

古事記物語 / 著・鈴木三重吉

 女神(めがみ)はむろん、もうとっくに、黄泉(よみ)の神の御殿(ごてん)に着いていらっしゃいました。

 すると、そこへ、夫の神が、はるばるたずねておいでになったので、女神は急いで戸口へお出迎えになりました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、まっくらな中から、女神をお呼(よ)びかけになって、

「いとしきわが妻の女神よ。おまえといっしょに作る国が、まだできあがらないでいる。どうぞもう一度帰ってくれ」とおっしゃいました。すると女神は、残念そうに、

「それならば、もっと早く迎えにいらしってくださいませばよいものを。私はもはや、この国のけがれた火で炊(た)いたものを食べましたから、もう二度とあちらへ帰ることはできますまい。しかし、せっかくおいでくださいましたのですから、ともかくいちおう黄泉(よみ)の神たちに相談をしてみましょう。どうぞその間は、どんなことがありましても、けっして私の姿(すがた)をご覧(らん)にならないでくださいましな。後生(ごしょう)でございますから」と、女神はかたくそう申しあげておいて、御殿(ごてん)の奥(おく)へおはいりになりました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は永(なが)い間戸口にじっと待っていらっしゃいました。しかし、女神は、それなり、いつまでたっても出ていらっしゃいません。伊弉諾神(いざなぎのかみ)はしまいには、もう待ちどおしくてたまらなくなって、とうとう、左のびんのくしをおぬきになり、その片(かた)はしの、大歯(おおは)を一本欠(か)き取って、それへ火をともして、わずかにやみの中をてらしながら、足さぐりに、御殿の中深くはいっておいでになりました。

 そうすると、御殿のいちばん奥に、女神は寝ていらっしゃいました。そのお姿をあかりでご覧になりますと、おからだじゅうは、もうすっかりべとべとに腐(くさ)りくずれていて、臭(くさ)い臭いいやなにおいが、ぷんぷん鼻へきました。そして、そのべとべとに腐ったからだじゅうには、うじがうようよとたかっておりました。それから、頭と、胸と、お腹(なか)と、両ももと、両手両足のところには、そのけがれから生まれた雷神(らいじん)が一人ずつ、すべてで八人で、怖(おそ)ろしい顔をしてうずくまっておりました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、そのありさまをご覧になると、びっくりなすって、怖ろしさのあまりに、急いで遁(に)げ出しておしまいになりました。

 女神はむっくりと起きあがって、

「おや、あれほどお止め申しておいたのに、とうとう私のこの姿(すがた)をご覧になりましたね。まあ、なんという憎(にく)いお方(かた)でしょう。人にひどい恥(はじ)をおかかせになった。ああ、くやしい」と、それはそれはひどくお怒りになって、さっそく女の悪鬼(わるおに)たちを呼(よ)んで、

「さあ、早く、あの神をつかまえておいで」と歯がみをしながらお言いつけになりました。

 女の悪鬼たちは、

「おのれ、待て」と言いながら、どんどん追っかけて行きました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、その鬼どもにつかまってはたいへんだとおぼしめして、走りながら髪(かみ)の飾(かざ)りにさしてある黒いかつらの葉を抜(ぬ)き取っては、どんどんうしろへお投げつけになりました。

 そうすると、見る見るうちに、そのかつらの葉の落ちたところへ、ぶどうの実がふさふさとなりました。女鬼どもは、いきなりそのぶどうを取って食べはじめました。

 神はその間に、いっしょうけんめいにかけだして、やっと少しばかり遁(に)げのびたとお思いになりますと、女鬼どもは、まもなく、またじきうしろまで追いつめて来ました。

 神は、

「おや、これはいけない」とお思いになって、こんどは、右のびんのくしをぬいて、その歯をひっ欠いては投げつけ、ひっ欠いては投げつけなさいました。そうすると、そのくしの歯が片(かた)はしからたけのこになってゆきました。

 女鬼(おんなおに)たちは、そのたけのこを見ると、またさっそく引き抜いて、もぐもぐ食べだしました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、そのすきをねらって、こんどこそは、だいぶ向こうまでお遁(に)げになりました。そしてもうこれならだいじょうぶだろうとおぼしめして、ひょいとうしろをふりむいてご覧になりますと、意外にも、こんどはさっきの女神のまわりにいた八人の雷人(らいじん)どもが、千五百人の鬼の軍勢をひきつれて、死にものぐるいでおっかけて来るではありませんか。

 神はそれをご覧になると、あわてて十拳(とつか)の剣(つるぎ)を抜きはなして、それでもってうしろをぐんぐん切りまわしながら、それこそいっしょうけんめいにお遁げになりました。そして、ようよう、この世界と黄泉(よみ)の国との境(さかい)になっている、黄泉比良坂(よもつひらざか)という坂の下まで遁げのびていらっしゃいました。

 すると、その坂の下には、ももの木が一本ありました。

 神はそのももの実を三つ取って、鬼どもが近づいて来るのを待ち受けていらしって、その三つのももを力いっぱいお投げつけになりました。そうすると、雷神たちはびっくりして、みんなちりぢりばらばらに遁(に)げてしまいました。
 神はそのももに向かって、

「おまえは、これから先も、日本じゅうの者がだれでも苦しい目に会っているときには、今わしを助けてくれたとおりに、みんな助けてやってくれ」とおっしゃって、わざわざ大神実命(おおかんつみのみこと)というお名まえをおやりになりました。

 そこへ、女神は、とうとうじれったくおぼしめして、こんどはご自分で追っかけていらっしゃいました。神はそれをご覧になると、急いでそこにあった大きな大岩をひっかかえていらしって、それを押(お)しつけて、坂の口をふさいでおしまいになりました。

 女神は、その岩にさえぎられて、それより先へは一足も踏(ふ)み出すことができないものですから、恨(うら)めしそうに岩をにらみつけながら、

「わが夫の神よ、それではこのしかえしに、日本じゅうの人を一日に千人ずつ絞(し)め殺してゆきますから、そう思っていらっしゃいまし」とおっしゃいました。神は、

「わが妻の神よ、おまえがそんなひどいことをするなら、わしは日本じゅうに一日に千五百人の子供を生ませるから、いっこうかまわない」とおっしゃって、そのまま、どんどんこちらへお帰りになりました。

 神は、

「ああ、きたないところへ行った。急いでからだを洗ってけがれを払(はら)おう」とおっしゃって、日向(ひゅうが)の国の阿波岐原(あわきはら)というところへお出かけになりました。

 そこにはきれいな川が流れていました。

 神はその川の岸へつえをお投げすてになり、それからお帯やお下ばかまや、お上衣(うわぎ)や、お冠(かんむり)や、右左のお腕(うで)にはまった腕輪(うでわ)などを、すっかりお取りはずしになりました。そうすると、それだけの物を一つ一つお取りになるたんびに、ひょいひょいと一人ずつ、すべてで十二人の神さまがお生まれになりました。

 神は、川の流れをご覧になりながら、

  上(かみ)の瀬(せ)は瀬が早い、
  下(しも)の瀬は瀬が弱い。

とおっしゃって、ちょうどいいころあいの、中ほどの瀬におおりになり、水をかぶって、おからだじゅうをお洗いになりました。すると、おからだについたけがれのために、二人の禍(わざわい)の神が生まれました。それで伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、その神がつくりだす禍をおとりになるために、こんどは三人のよい神さまをお生みになりました。

 それから水の底へもぐって、おからだをお清めになるときに、また二人の神さまがお生まれになり、そのつぎに、水の中にこごんでお洗いになるときにもお二人、それから水の上へ出ておすすぎになるときにもお二人の神さまがお生まれになりました。そしてしまいに、左の目をお洗いになると、それといっしょに、それはそれは美しい、貴(とうと)い女神(めがみ)がお生まれになりました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、この女神さまに天照大神(あまてらすおおかみ)というお名前をおつけになりました。そのつぎに右のお目をお洗いになりますと、月読命(つきよみのみこと)という神さまがお生まれになり、いちばんしまいにお鼻をお洗いになるときに、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)という神さまがお生まれになりました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)はこのお三方(さんかた)をご覧になって、

「わしもこれまでいくたりも子供を生んだが、とうとうしまいに、一等よい子供を生んだ」と、それはそれは大喜びををなさいまして、さっそく玉の首飾(くびかざ)りをおはずしになって、それをさらさらとゆり鳴らしながら、天照大神(あまてらすおおかみ)におあげになりました。そして、

「おまえは天へのぼって高天原(たかまのはら)を治めよ」とおっしゃいました。それから月読命(つきよみのみこと)には、

「おまえは夜の国を治めよ」とお言いつけになり、三ばんめの須佐之男命(すさのおのみこと)には、

「おまえは大海(おおうみ)の上を治めよ」とお言いわたしになりました。

青空文庫より

--------------------------------------------------------------

【阿波岐原】

◎宮崎観光写真さんより
  http://miyazaki.daa.jp/miike/

--------------------------------------------------------------

【黄泉比良坂】

島根県東出雲町にて

--------------------------------------------------------------

◎Google検索「古事記」
  http://www.google.com/...

◎Google検索「日本書紀」
  http://www.google.com/...

--------------------------------------------------------------

【古事記・日本書紀 Podcasting】
(1)概要紹介
(2)天地開闢・国産み・黄泉の国
(3)黄泉の国・天照大神の誕生
(4)天の岩屋
(5)八岐大蛇
(6)スサノオノミコトと牛頭天王、蘇民将来
(7)因幡の白兎 八上媛
(8)根堅州国 須勢理媛
(9)大国主神の国づくり

--------------------------------------------------------------

歴史ラジオ

iTunesで自動的に最新回のダウンロード(定期購読)を希望される場合には、
↓下記画像をクリックください。

iTunesのダウンロード案内ページ

--------------------------------------------------------------

2009.01.27

年賀状の当選番号を調べるなら・・

毎年ご紹介している感がありますが、
↓こちらが便利ですよ。(゚▽゚)ノ
http://www.est.co.jp/...

ちなみに自分は2枚当選!  シートですが・・ ゜゜(´□`)°゜

まぁ、それでも、うれしいっす!
タカ&MJ、ジン&みゆき、の皆様ありがとう!^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本一ネット

http://www.nippon-1.net/

こういうのに、すぐハマってしまう。(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

加山又造展

http://www.kayamaten.jp/

国立新美術館にて3月2日まで

| コメント (0) | トラックバック (0)

制定80周年 トレインマークの誕生

http://www.ejrcf.or.jp/...

鉄道歴史展示室にて3月29日まで

| コメント (0) | トラックバック (0)

デザイン満開 九州列車の旅

http://www.inax.co.jp/...

INAXギャラリーにて2月21日まで

| コメント (0) | トラックバック (0)

ランドスケープ 柴田敏雄展

http://www.syabi.com/...

東京都写真館にて2月8日まで

| コメント (4) | トラックバック (0)

冬の所蔵品展示

http://www.moma.pref.kanagawa.jp/...

神奈川県立近代美術館にて2月1日まで

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.25

天地開闢・国産み・黄泉の国 <古事記・日本書紀(2)>

【Podcasting】

--------------------------------------------------------------

古事記物語 / 著・鈴木三重吉

 世界ができたそもそものはじめ。まず天と地とができあがりますと、それといっしょにわれわれ日本人のいちばんご先祖の、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)とおっしゃる神さまが、天の上の高天原(たかまのはら)というところへお生まれになりました。そのつぎには高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神産霊神(かみむすびのかみ)のお二方(ふたかた)がお生まれになりました。

 そのときには、天も地もまだしっかり固(かた)まりきらないで、両方とも、ただ油を浮(う)かしたように、とろとろになって、くらげのように、ふわりふわりと浮かんでおりました。その中へ、ちょうどあしの芽(め)がはえ出るように、二人の神さまがお生まれになりました。

 それからまたお二人、そのつぎには男神(おがみ)女神(めがみ)とお二人ずつ、八人の神さまが、つぎつぎにお生まれになった後に、伊弉諾神(いざなぎのかみ)と伊弉冉神(いざなみのかみ)とおっしゃる男神女神がお生まれになりました。

 天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)はこのお二方の神さまをお召(め)しになって、

「あの、ふわふわしている地を固めて、日本の国を作りあげよ」

 とおっしゃって、りっぱな矛(ほこ)を一ふりお授(さず)けになりました。

 それでお二人は、さっそく、天(あめ)の浮橋(うきはし)という、雲の中に浮かんでいる橋の上へお出ましになって、いただいた矛(ほこ)でもって、下のとろとろしているところをかきまわして、さっとお引きあげになりますと、その矛の刃先(はさき)についた潮水(しおみず)が、ぽたぽたと下へおちて、それが固(かた)まって一つの小さな島になりました。

 お二人はその島へおりていらしって、そこへ御殿(ごてん)をたててお住まいになりました。そして、まずいちばんさきに淡路島(あわじしま)をおこしらえになり、それから伊予(いよ)、讃岐(さぬき)、阿波(あわ)、土佐(とさ)とつづいた四国の島と、そのつぎには隠岐(おき)の島、それから、そのじぶん筑紫(つくし)といった今の九州と、壱岐(いき)、対島(つしま)、佐渡(さど)の三つの島をお作りになりました。そして、いちばんしまいに、とかげの形をした、いちばん大きな本州をおこしらえになって、それに大日本豊秋津島(おおやまととよあきつしま)というお名まえをおつけになりました。

 これで、淡路の島からかぞえて、すっかりで八つの島ができました。ですからいちばんはじめには、日本のことを、大八島国(おおやしまぐに)と呼(よ)び、またの名を豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)とも称(とな)えていました。

 こうして、いよいよ国ができあがったので、お二人は、こんどはおおぜいの神さまをお生みになりました。それといっしょに、風の神や、海の神や、山の神や、野の神、川の神、火の神をもお生みになりました。ところがおいたわしいことには、伊弉冉神(いざなみのかみ)は、そのおしまいの火の神をお生みになるときに、おからだにおやけどをなすって、そのためにとうとうおかくれになりました。

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、

「ああ、わが妻の神よ、あの一人の子ゆえに、大事なおまえをなくするとは」とおっしゃって、それはそれはたいそうお嘆(なげ)きになりました。そして、お涙(なみだ)のうちに、やっと、女神のおなきがらを、出雲(いずも)の国と伯耆(ほうき)の国とのさかいにある比婆(ひば)の山にお葬(ほうむ)りになりました。

 女神は、そこから、黄泉(よみ)の国という、死んだ人の行くまっくらな国へたっておしまいになりました。 

 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、そのあとで、さっそく十拳(とつか)の剣(つるぎ)という長い剣を引きぬいて、女神の災(わざわい)のもとになった火の神を、一うちに斬(き)り殺してしまいになりました。

 しかし、神のおくやしみは、そんなことではお癒(い)えになるはずもありませんでした。神は、どうかしてもう一度、女神に会いたくおぼしめして、とうとうそのあとを追って、まっくらな黄泉(よみ)の国までお出かけになりました。

青空文庫より

--------------------------------------------------------------

【造化の三神】

・天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
・高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
・神産霊神(かみむすびのかみ)

関連ページ
四柱神社 造化の三神 <古事記散策>
東京大神宮 造化の三神 <古事記散策>

--------------------------------------------------------------

【国産み】

高千穂・夜神楽より
伊弉諾神(いざなぎのかみ)と伊弉冉神(いざなみのかみ)による舞。

関連地
兵庫県・沼島
兵庫県・おのころ島神社
兵庫県・上立神岩
京都府・天橋立

--------------------------------------------------------------

【黄泉の国への入口】

島根県出雲市にて

島根県出雲市にて

島根県出雲市にて

猪目洞窟遺跡・案内板より
この洞窟遺跡は、1948(昭和23)年に
漁船の船置場として利用するため
入口の堆積土を取り除いた時に発見されたものです。
凝灰岩の絶崖にできたこの洞窟は、東に向かって開口しており
幅30m,奥行き30mあります。
この遺跡は、縄文時代中期の土器片も少量採集されていますが
弥生時代以降、古墳時代後期まで(2,300~1,400年前)の
埋葬と生活の遺跡としては人骨が13体以上見つかっており、
特に注目されるものとしては
南海産のゴホウラ製貝輪(かいわ)をはめた弥生時代の人骨や
舟材を使った木棺墓(もっかんぼ)に葬られた古墳時代の人骨、
稲籾(いなもみ)入りの須恵器(すえき)を副葬した人骨などがあります。
生活の遺跡としては、各種木製品、土器、骨角器などの道具や
食料の残滓と思われる貝類、獣骨、鳥骨、魚骨、木の実など
また多量の灰などがあります。
発見当時、大社考古学会により調査が行われた関係から
出土品は現在、大社町の
史跡猪目洞窟遺物包含層出土品収蔵庫で保管されています。
(出雲市・出雲市教育委員会)

--------------------------------------------------------------

◎Google検索「古事記」
  http://www.google.com/...

◎Google検索「日本書紀」
  http://www.google.com/...

--------------------------------------------------------------

【古事記・日本書紀 Podcasting】
(1)概要紹介
(2)天地開闢・国産み・黄泉の国
(3)黄泉の国・天照大神の誕生
(4)天の岩屋
(5)八岐大蛇
(6)スサノオノミコトと牛頭天王、蘇民将来
(7)因幡の白兎 八上姫
(8)根堅国 須勢理媛
(9)大国主神の国づくり

--------------------------------------------------------------

歴史ラジオ

iTunesで自動的に最新回のダウンロード(定期購読)を希望される場合には、
↓下記画像をクリックください。

iTunesのダウンロード案内ページ

--------------------------------------------------------------

2009.01.23

EF55 ムーミン

静岡県・沼津駅~原駅間にて撮影

群馬県・高崎第二機関区にて撮影

埼玉県・大宮工場にて撮影

------------------------------------------------------

1990年代に群馬県高崎駅で撮影

------------------------------------------------------

| コメント (2) | トラックバック (0)

東急世田谷線 デハ150形

東京都・東急世田谷線沿線にて撮影

| コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行 5000形

山梨県・富士急行線沿線にて撮影

| コメント (0) | トラックバック (0)

相乗り衛星 打ち上げ

話題の「まいど1号(SOHLA-1)」をはじめ
多くの夢が込められた小型衛星を積み
H-IIAロケット15号がいよいよ打ち上げです。
(ちなみに打ち上げ費用は無料)

相乗り衛星の概要

いぶき打ち上げ特設サイト

IMAGE DATA © JAXA

| コメント (0) | トラックバック (0)

ごめん、ちょっとこれは無理

夢想吊橋

無理、無理、渡れない (;;;´Д`)

| コメント (0) | トラックバック (0)

ミドリさん

http://www.smbc.co.jp/midorisan/

こういう手書きモノで全面構成(しかも軽く)してくれると
目にも優しくていいものだね。^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.21

eggy by NTTドコモ / 今の仕事の原点

ケータイwatchより その1
ケータイwatchより その2
useWill.comさんより

これ、覚えている人いるかな?(笑)

2000年に登場した端末なのですが、
個人的に大変な衝撃を受けまして。w(゚o゚)w

「これはスゴい時代がやってくるぞ~!」と思い、

それまでWEB関連の仕事を中心に活動していたのですが
一気に映像関連へとシフトさせていきました。・・で、現在に至っています。^^

自分にとっては、運命アイテムの1つです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.20

みんなの仕事場

http://shigotoba.askul.co.jp/

自分は人の仕事場を見るのが好きです。
モチベーションをUPさせてくれるというか・・
あぁ、みんなも働いているんだなぁと感じるというか・・ (笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo! JAPAN - Internet Creative Award 2008

http://creative-award.yahoo.co.jp/...

お気に入りはありますか?^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

物産展クチコミ情報まとめサイト 「大好き!物産展」

http://daisuki-bussanten.shooti.jp/

こういうサイトできて欲しかった。(゚▽゚)ノ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

日記 2009年1月18日

先日、横浜美術館で開催中のセザンヌ主義へ行ってきた。
土曜日の午後ということもあって、人・人・人。
横浜美術館にこんなに人がいるのを初めて見た。(笑)

・・と、(笑)ってばかりもいられない状況で、いかにお気に入りの絵と
向き合う空間&時間を保つかが勝負でした。(汗)

いつも言っていることですが自分はフォーヴィスムの絵が好きでして、
大好きなヴラマンクや佐伯祐三、里見勝蔵といった画家さんに
多大な影響を与えたのがセザンヌなので、観ないわけにはいかない展覧会でした。

正直、今まで本で見ていたセザンヌの絵にはさほどハマらなかったのですが
いざ多くの作品と向き合ってみると、どハマり。
やはり絵は実際に観てみないとわからないものですね。
そんなわけで、只今自身の中で大セザンヌブームが巻き起こっています。^^

---

最近ネットで話題になっていた尾崎豊の息子が
「I love you」「15の夜」を歌っている動画を見た。

いや~泣けた・・、音楽でこんな気持ちで涙したのは初めてだ。
息子さん、すっかり大人になり、時の経過の早さに恐ろしさすら感じてしまった。

とにかく声やちょっとした歌い方が尾崎(=父)にそっくり。
書き込みにもあったけれど、遺伝子ってスゴいね。

尾崎の最後のアルバムとなった「放熱への証」を彼の声で生で聴きたい。

外見はそんなに父親似というわけではないし
歌唱力自体もカラオケが上手い青年、という感じなのだが
声質と歌い方、+“尾崎の息子であるという事実”が絡み合ったことで
尾崎信者だった自分には、かけがえのない何かを見せてもらった感があった。

こうやって話題にもなり、年齢的にもそろそろ腹黒い大人達が
放っておかない状況になりそうなので、大丈夫だろうか?と不安がよぎったが
こちらを読む限り、そんな心配は無用なようだ。
かなりしっかりとしたビジョンもあるようで、
ある意味、とっくに尾崎よりも大人になっているのかもしれない。

ただ、動画はあの中嶋薫氏のパーティ会場とのことで、なぜAmwayと?
そこだけが気になって仕方がない。

おまけ
好きな1曲 ♪街路樹

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひかり35号

| コメント (2) | トラックバック (0)

| コメント (2) | トラックバック (0)

微射

| コメント (0) | トラックバック (0)

モノレール跡

| コメント (0) | トラックバック (0)

カレー

| コメント (0) | トラックバック (0)

ボウリング場

| コメント (0) | トラックバック (0)

| コメント (0) | トラックバック (0)

唐津

| コメント (0) | トラックバック (0)

南部煎餅

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.17

呉爾羅

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガド

| コメント (0) | トラックバック (0)

| コメント (0) | トラックバック (0)

真っ赤

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.15

水を落としての伝達方法

miyupee178さんの動画より。

スゴ。(゚0゚)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.14

日記 2009年1月13日

右側に新幹線がやってくるブログパーツを貼りつけてみました。
毎日23時58分に到着します。
(自分のPCではいつも遅れて0時5分頃に到着しますが・・笑)
最初はかなりビビるかもしれませんが
ウイルスではありませんのでご安心ください。^^

---

先日、平塚市美術館で開催されていた「鳥海青児と三岸好太郎展」へ行ってきた。
フォーヴィスム大好きな自分としては
鳥海さんも三岸さんも1930年頃までの作品は受け入れることができたが
それ以降はあまり好みではなかった。
三岸さんの目まぐるしい画風の変化には驚き。
同時開催の展覧会で麻田鷹司さんと佐藤晨さんの作品に出合えたのは収穫。

---

会社設立系の本読みをはじめている。
やはり法人となると色々と裏があるもんですな。
染まらないよう気をつけなくては。

---

| コメント (0) | トラックバック (0)

カール(チーズあじ)のパズル

この前、ショッピング中に見つけた。
その場では通り過ぎてしまったけれど
内心、「欲しくて欲しくて」たまらんかった。(^m^)

これ・・絶対に食っちゃうな。笑

http://www.hanayamatoys.co.jp/...

Amazon

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

菜の花満開 二宮・吾妻山公園

【2007年1月の記事より】



神奈川県中郡二宮町の吾妻山公園に足を運んできました。



早くも菜の花が満開。(゜レ゜)



見てると食べたくなってきてしまいます。(笑)



遠くには富士山も。



富士山をアップで。



ミツバチ達も元気に飛び回っていました。



ミワ・ガードナーさん、レポート中。



海も眺めることができる心地いい公園です。

◎二宮町/吾妻山公園
  http://www.town.ninomiya.kanagawa.jp/...

◎吾妻山・菜の花まつり
  http://snic.scn-net.ne.jp/~nanohana/

◎単身パパのPhoto日記さんより
  http://8604.at.webry.info/...

◎猫と写真と花畑さんより
  http://neco3my.cocolog-nifty.com/...

◎スイートピーのアトリエさんより
  http://suito2005.exblog.jp/4475236

| コメント (10) | トラックバック (0)

左義長 - どんど焼き 横浜・海の公園

【2007年1月の記事より】

横浜市金沢区の海の公園で、第12回「どんど焼き」が行われました。

海の公園は八景島シーパラダイスの真向かいの場所となります。

火入れ前の光景。

--------------------------------------------------------------------

◎左義長 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/...

◎海の公園
  http://www.umino-kouen.net/

| コメント (3) | トラックバック (0)

2009.01.10

インターネットの歴史

from PICOL

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

日記 2009年1月8日

昨年の11月中旬頃から、

↓↓↑↓↓↓↑↑↓↓↓↓↓↓↑↓↑↓↑↓と続き

今年に入ってからも

↓↓↑↓↑とあいかわらず。

そして、7日には10年ぶりくらいに大きな↓。

が、昨日、その10年ぶりの↓を大きくひっくり返す程の↑が。

もう、しばらく↑しかない気がする。(゚ー゚)

色々な皆さんの温かさに感謝。涙。

---

昨晩、参加している制作(酒?)集団の新年会があり
その会場となったのが、大久保の「あうん」。
酒もなかなか豊富で料理も美味しかったですよ。

---

行きつけのパン屋のレジに
新しい女の子が入った。
ヤバい、お互い見つめ合いながらドキドキしている。
<激しく勘違い乙な自分 (;□;)>

---

映像業界、最近少し熱くなりつつあるのが “立体(3D)” 。
今年、波は来るのか?

---

| コメント (0) | トラックバック (0)

Kou

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.07

日記 2009年1月6日

今年は意外に正月ボケがすぐ抜けた。
正月は遠い昔で、いつもの日常・・という感覚に。

---

ブログの左下に貼っている「あわせて読みたい」というパーツ、
ここに表示れたブログをRSSリーダーに読み込み見ている。
実に色々なブロガーさんを知れ楽しい。
気づきを与えてくれるブログも多く、
この1ヶ月でかなりRSSに追加したブログも増えた。

---

今晩は久々にワンタンを食した。
寒い日にはいいですね。
そういえば、去年ハマった酸辣湯(サンラータン)を
まだ今シーズンは食していない。
そろそろ店を探してみるかな。

---

| コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ザ・ムーン」

1月16日から公開です。

◎公式サイト
  http://themoon.asmik-ace.co.jp/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年最大の満月

アメリカ合衆国・リック天文台にて

IMAGE DATA © Rick Baldridge

| コメント (0) | トラックバック (0)

きぼう実験棟からの眺め

国際宇宙ステーションにてグレッグ・シャミトフさん。

将来、宇宙船で旅するときは
こんな感じで窓からの光景を楽しみながら目的地に向うのでしょうね。^^

IMAGE DATA © Expedition 18 Crew, NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

時間の伸張と光の分解

遠い宇宙では時間はゆっくり進むように見えます。
この宇宙論的時間の遅れにより、光は写真のように分解されます。
これを測定することで、初期宇宙の姿が見えてきます。

IMAGE DATA © VIMOS, VLT, ESO

| コメント (0) | トラックバック (0)

The Sky in Motion

7,000枚程の画像で作成した動画です。

IMAGE DATA ©
Video: Till Credner, (The Sky in Motion.com)
Music: túrána hott kurdis by hasta la otra méxico!

| コメント (0) | トラックバック (0)

世界天文年2009

2009年は世界天文年です。
より“宇宙”を意識していきたいですね。^^

▼世界天文年2009 案内ページより
ガリレオ・ガリレイが、うわさの「望遠鏡というもの」を苦心して作り、
それで宇宙を眺めたのは、1609年末といわれています。
今から見ればおもちゃのような口径4センチメートルの望遠鏡で見たものは、
驚きに次ぐ驚きでした。
水晶の球といわれていた月には、円いクレーターがいっぱいでした。
地球と同じような天体だったのです。
不思議な「天の大河」だった天の川は、無数の星の集まりでした。
木星には4つも月が回っていました。
科学の歴史で最大の発見をしたガリレオの驚きと興奮は、
彼がすぐに書き上げた『星界の報告』で、ありありと読むことができます。
発見は、新しい謎を呼びます。
ガリレオが解き明かした宇宙は、400年後のいまも続いている、
宇宙の謎の探求の始まりでした。
人間の宇宙は、望遠鏡の発達とともにどこまでも拡がって、
私たちは137億年前のビッグバンに迫り、
第二の地球を大型望遠鏡で探しています。
望遠鏡による宇宙探求の扉を開いたこの観測から400年を記念するのが、
「世界天文年2009(International Year of Astronomy 2009)」です。
国際天文学連合(IAU)が中心となり、天文学と科学に関する行事を世界中で、
さまざまな規模やかたちで、展開します。
すでに100を超える国々で準備がはじまっていますが、
日本では研究・教育・普及など全国の幅広いメンバーによる
「世界天文年2009日本委員会」のもとで、
楽しい企画が続々と提案・検討されています。
ガリレオの驚きを、みんなの驚きに。
尽きない宇宙の謎を、みんなのものに。
そして、子供たちが本来持っている
自然への興味と科学への関心を応援し、育てたいと思います。
皆さんも、ぜひご参加ください。
かいふ・のりお(放送大学教授、日本学術会議会員、前国立天文台台長)

◎世界天文年2009ホームページ
  http://www.astronomy2009.jp/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

日記 2009年1月5日

今日から仕事スタート!
で、いきなり青色申告決算書作成のための伝票整理から。

いつも3月15日ギリギリなのだが
今年はこの後の予定がアップアップなので
来週頭までには仕上げてしまう予定。
頑張るぞー!


中学時代に仲が良かった友達と15年位ぶりにmixi上で再会、
mixiを利用していて初めて感動したかも。
いや2回目だ。
実は去年の年末、年も同じ誕生日に同じ病院で生まれた女性と知り合った。
小さな病院だったので、「生まれてすぐ、隣同士だったかもね?」という話に。
ありえなくもなさそうでこれは本当に感動した。^^


今年最初のFM-SelfpitをUP。
ショパンにとも思ったが、さすがに年の初めから“静”は・・なので、
“動”のThe Crash Modernsでスタート。
正月ボケを吹き飛ばし、
仕事に勉強に家事に、ガンガン行っちゃってください。^^


AM6時30分起き&プールでの初泳ぎだったので
今晩はぐっすり眠れそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

日記 2009年1月4日

昨日UPした 箱根駅伝の謎 「ど」 「で」 「○_○」 へのアクセス数がスゴい。
やはり気になっていた人・・多かったようで。^^


今日は三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドへ。
去年の4月までは “横浜ベイサイドマリーナ ショップス&レストランツ” と
呼ばれていた場所。

地元人ですら、まだ名称が変わったことを知らない人が多い。
ベタベタな『三井』という冠が付いてしまったのはちょっと・・。

昔は「ベイサイドマリーナへ行く?」などと会話をしていたのですが
最近は「三井へ行く?」となっていま・・せん。(笑)
やはり、いまだに「ベイサイド~」。

年明けなので、かなりの大セール。
半額のものが更に20%引きとかで、「定価ってなんやねん!」という感じ。
おそらく[半額-20%]商品も、最初から織り込み済みなのだろうけれど
見事に釣られて、かなり色々なものを購入。
それでも思ったより金を使わずに済んでホッ。

そういえば昨年のヒット商品に “アウトレットモール” が入っていましたね。
モールは随分前からあるのに、何で?と思って調べてみたら
埼玉と仙台に新しいモールができたからとのこと。
(どちらも『三井』なようで)


話は変わって、

素敵な福袋を発見!
ホテルと島とダイヤモンドが入っています。(゚ー゚)

↓楽天アフィリでリンクを貼ってみた。
http://item.rakuten.co.jp/...

誰かこのリンクから購入してくださいませませ。(笑)

1%還元ということは・・・このリンクから購入者がいれば
1,000万円分もらえる~。

楽天ポイントで。 (;д;)

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜赤レンガ地ビール

赤レンガ倉庫1Fのカルディコーヒーファームで売っているビール。
(自分は今のところココでしか見かけたことないです)

ザ・横浜!的な感じがしますが
実は作っているのは “さ・い・た・ま” だったりします。(笑)

こちら→ http://www.kyodoshoji.co.jp/...

左のビアマグはこのビールとは全く関係の無い
横浜オクトーバーフェスト2008」というビール祭で
キリンさんのビールを飲んだ時にもらってきたものです。

一度、この組み合わせをしてみたかったもので。^^

◎Google検索「横浜赤レンガ地ビール」
  http://www.google.com/...

| コメント (2) | トラックバック (0)

奈良のポスト

| コメント (0) | トラックバック (0)

日記 2009年1月3日

箱根駅伝、今年も楽しませてもらいました。
戦いに「・・だったら」論は無しですが、
「もしもあの時に・・」と思ってしまうシーンも多々ありましたね。
学連選抜が復路3位というのも驚きでした。
各校に去年までとは違う変化が見られ、早くも来年が楽しみです。

ところで、日テレさん
エンディングはやはりアレでないと・・。

去年のヤフー日記でも書いた記憶がありますが、
長年↓でその年の箱根駅伝の終わりを感じていた身としては
http://jp.youtube.com/...
これが流れないと、いつまでも箱根駅伝から抜け出せないのです。

Googleで「箱根駅伝 エンディング」で検索すると
↓こんなにも寂しがっている方がいらっしゃいますよ。
http://www.google.com/...

ご一考を。(笑 いや・・真剣に!)


そんなモヤモヤした気分の中、ようやく初詣に行ってきました。
今年は伊勢山皇大神宮へ。
自分のおみくじは「末吉」、内容が号泣モノでした。

[仕事・交渉・取引]
互いに意思が通じない。
相手の方が有利な状況にみえる。
ひそかに話を進めるとよい。

[愛情・縁談・恋愛]
性格が合わないのでは。
時間をかけてよく相手を見直してみてはどうか。
縁談はまとまりにくい。

[健康・病気・療養]
無理をして体調を、そこなうといけない。
健康診断を受けてみてはどうか。
車の運転には気をつけよ。

[学業・技芸・試験]
いまのところ思うように実力が発揮できない。
目標をもう少し手近なところへ置き換えてみるとよい。

去年が見事に↑に記されているマイナス面にヤラれていたので、
今年こそ、↑のようにならないよう頑張るぞ!と思っていたのに。

今年もですか・・。(涙)

とりあえずこのブログにUPしたことで消え去るということで。
(スミマセン、勝手ルールを作らせていただきました。笑)


先日、駅の発車メロディを演奏する人ということで紹介した松澤健氏ですが
YouTubeでマジメ系演奏としてUPしていたのがChopin Ballade No.1 Op.23。
久々に聴き、「やはりいい曲だなぁ~」とすっかりハマり中。(松澤氏の演奏もいいですね)

こちらの曲、ケロログのandotowaさんのサイト
andotowaさん演奏版の音源を入手することができたので、
いずれFM-Selfpitで配信してみようかと思っています。

今年はChopinのこと、いろいろと探ってみようかな。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2009.01.02

日記 2009年1月2日

はい、実は今年は日記をつけようとしています。
はい、確かに過去に何度も挫折しています。
はい、今回も結果はご想像の通りかと思います。
はい、でもやれるところまで続けてみます。
はい、そこ冷たい目しない。(笑)

毎年、1月2日&3日はなんと言っても箱根駅伝。
昨日、それに合わせて2年前にUPした箱根湯本関連の記事を再UPしてみました。
今日の駅伝中継で「函嶺洞門が無くなる」ような話をされていて驚きました。
現役の車道としては安全性の問題から厳しい状況があるかもしれませんが、
何かしらの方法で保存は検討してもらいたいところです。

今年の往路も実に色々なドラマがありましたね。
沢山の力をもらえました。

自分は学生の時、走ることだけは少し得意で、特に長距離系は好きでした。
といっても「走り」が好きなわけではなく「走り終えた感」が好きでした。
その時の感覚が今でも少し残っているせいなのか
気づいたら仕事も「走り終えた感」を得やすいものをセレクトしていました。

「走り」の内容自体は、その時々の肉体面や精神面の問題で
乱れることもありますが、それでもできる限り全力を尽くして
しっかりと「走り終えた感」を感じれるようにしていきたいものです。
もちろん、「走る」前に乱れが生じない準備に力を入れることも大前提ですが。

話は変わり・・

今日、近所の交差点で信号待ちをしていたら
自分の横でスーツ姿の兄ちゃんが突然
「民主党!三村和也!」という大きな襷をかけ、演説の準備を始めました。

自分が住むエリアの次期総選挙民主党公認候補者とのこと。

年齢は32歳、
ついに自分よりも年下が地元から立候補とは。

自分は次の選挙では民主党という選択肢も考えつつある。
となると、この三村氏のことをしっかりと見ていく必要があるわけで・・
早速、公式ホームページを確認してみました。

http://mimurakazuya.net/

なんと、広末涼子の いとこ でした。(驚)

まさか近所に広末が応援に来るとか?

広末の信者的ファンな親友にだけは黙っておかなくては・・
選挙に対してまともな判断ができなくなると思うので。(笑)

という自分が一番気にしているか。(汗)

この三村氏のページに
選挙活動費報告があるのですが、やはり金がかかるものなんですね。
(もっと工夫できる余地もあるのだろうけれど・・)
http://mimurakazuya.net/tsucho.html

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.01

新年 明けましておめでとうございます。^^

2009年になりましたね。
今年もよろしくお願いします。(´▽`)/

坂田があんな負け方をして、
紅白の前半が滑りまくりで、
泰葉がハッスルで勝ったらしくて、
エンヤがやはり口パクで、
2008年はヒドい〆になりそうだ (´O`) と思っていましたが

Perfumeに癒され、
ジェロに泣き、
「おふくろさん」にシビレ、
“ゆく年くる年”で穏やかになり、
「年の初めはさだまさし」でTV初めも出来、
なんとか良い年明けを迎えることができました。fuji

ニューイヤー駅伝の最後の大接戦はスゴかったですね。(゚▽゚)

・・と、TV三昧な年越し年明けではありますが
ちゃんと年賀状も書いてますよ。(爆滝汗)

はい、ということでお届けが5日の方もいらっしゃるかもしれませんが
ご了承くださいませ。

(_ _) 初謝り

・・と、しばらくは何でも初○○と付けてしまう日々が続きそうです。(゚m゚)

ほぼ日の糸井さんから新年早々、いい言葉をいただきました。

 『まず、いま、じぶんはどうするか?』

今年は、この言葉を自身の軸の1つにしていきたいと思います。

-------------------------------------------------------

写真はGIGAZINさんで紹介されていた「世界一太いツノを持つ牛」です。
このくらい太くなりたいなぁ。(゚ー゚)

-------------------------------------------------------

| コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »