« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.29

核爆発 1945年~1998年

by Isao HASHIMOTO

環境における人工放射能50年:90Sr、137Cs及びプルトニウム降下物

2011.03.27

津波の大きさ

このたびの地震で被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げます。

-------------------------------------------

東北の太平洋岸は昔から何度も大津波の被害を受けています。
ここ数年の地質調査や遺跡発掘でも
想定を超える規模で大津波があったことが明らかにされていました。

もう二度と今回のようなことにならないためにも、国・自治体には
感情論に流されることなく冷静に、過去が残した “跡” を直視し
今後の被災地復興計画を進めていただくと共に、
東海・南海・東南海連動型地震での想定なども含め
全国各地の津波対策再検証を強く願います。

-------------------------------------------

拡大

賛否両論あるかと思いますが、
あえてこちらの画像を掲載しました。

-------------------------------------------

中央防災会議・津波に対して危険な地域

気象庁・東海地震による震度や津波はどの程度に?

想定東海地震区域の津波防災情報図

東海道、南海道の地震 防災システム研究所

-------------------------------------------

2007年7月の記事
沓形遺跡で津波被害を受けた水田跡を発見

河北新報&NHKより

仙台市若林区荒井の「沓形(くつかた)遺跡」を発掘調査していた
仙台市教委は25日、約2000年前に襲来した津波で運ばれた砂の層に覆われた、
弥生時代の水田跡が見つかったと発表した。
津波被害を受けた水田跡の確認は、全国で初めてという。

当時の海岸線から遺跡までは約2kmもあり、
かなり巨大な津波だったと推測される。

宮城県仙台市若林区荒井の沓形遺跡発掘調査資料

-------------------------------------------

2008年7月の記事
縄文、弥生時代に大津波か

南三陸町戸倉の波伝谷地区で六月末から二日まで、
歴史上の記録が存在しない過去の大規模地震の周期や、
それに伴う津波の浸水域などを探る地質調査が行われた。

海から約三百メートル離れた湿地の下から泥炭層を挟む形で
海浜礫(れき)と海の砂の二つの地層が確認され、
三千?二千年前(縄文?弥生時代)に
大きな津波が二度あったことが推定されるという。

大阪市立大大学院理学研究科の原口強・准教授と
東北大大学院付属災害制御研究センターの後藤和久・助教が共同で行った。
過去の津波の浸水域のほか、宮城県沖地震で想定されている連動型は
過去に本当にあったのかなどを調べ、今後の防災や減災に役立てる。

史書に残されている日本での大規模な地震、津波は、
平安前期の八六九年七月にあった「貞観(じょうがん)の津波」が最古で、
津波は仙台平野一帯を水没させ、千人を超える水死者が出たとされている。

今回の調査地点となった波伝谷地区は、
一九六〇年のチリ地震津波で浸水した場所。
さらに、神様の御座船が停泊中に大波で打ち上げられ、
動けなくなったことが起源とされる戸倉神社もあり、
歴史的な背景も調査対象としての関心を高めた。

同神社の氏子総代で町文化財保護委員も務める後藤一磨さん(六〇)の案内で、
神社裏手の湿地で地下約四メートルまでのサンプルを採取した。
原口准教授は「海浜の礫層と砂の層が確認できた。
海から運ばれた堆積(たいせき)物で、津波の痕跡と思われる」と説明。
「おそらく縄文から弥生時代にかけてのもの」と話し、今後、年代を特定するという。

同地区での周期や浸水域の推定には
「チリ地震津波、明治、昭和の三陸大津波の痕跡も必要」としており、
秋から冬にかけて、さらに海岸寄りの地点で再調査をすることにしている。

◎三陸河北新報 2008年7月4日
  http://www.sanriku-kahoku.com/...

-------------------------------------------

2011.03.26

JAXA 東北地方太平洋沖地震 災害対策支援

宇宙利用ミッション本部の取り組み

陸域観測技術衛星「だいち」による観測情報

超高速インターネット衛星「きずな」による岩手県の災害対策支援

技術試験衛星VIII型「きく8号」による岩手県の災害対策支援

宇宙飛行士からの震災に関するメッセージ
&国際宇宙ステーションクルーが撮影した東北地方

実験用航空機による福島第一原子力発電所周辺の放射線量計測
 

現在の国際宇宙ステーション ISS

拡大写真

2011年3月
ディスカバリー号ラストフライトのミッションで
物資の保管場所として使用される予定の
恒久的多目的モジュール・レオナルドが設置されました。

----------

2009年10月は ↓ のような感じでした。

拡大写真

----------

2009年4月は ↓ のような感じでした。

拡大写真

↑ 拡大写真だと日の丸が見えますね。^^

1998年から始まった国際宇宙ステーションの建設も
いよいよ終盤、ほぼ完成形となりました。

----------

2005年8月は ↓ のような感じでした。

IMAGE DATA © STS-119&128 Shuttle Crew, NASA

| コメント (2) | トラックバック (0)

日本による補給宇宙船 こうのとり2号

国際宇宙ステーションにて

© Expedition 26 Crew, NASA

| コメント (0) | トラックバック (0)

NGC2841 渦状銀河

直径15万光年以上の銀河 NGC2841。
こちらの写真は、そのなかの幅3万4千光年の範囲です。

(参考) 1光年=約9兆5千億Km

© NASA, ESA, and the Hubble Heritage (STScI / AURA)
- ESA / Hubble Collaboration

| コメント (0) | トラックバック (0)

エウロパ

木星の月

© Galileo Project, JPL, NASA; reprocessed by Ted Stryk

| コメント (0) | トラックバック (0)

月の出

2011年3月19日
月の軌道上で地球に最も近い場所となったボストンにて

© Dennis Di Cicco (TWAN)

| コメント (0) | トラックバック (0)

乳房雲

アメリカ合衆国オリンピック谷にて

© Matt Saal (Wikipedia)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.10

G3@2011031002

ティッシュ箱の口にあったビニール

| コメント (0) | トラックバック (0)

G3@2011031001

空になったティッシュ箱

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.09

江ノ島電鉄 20形

極楽寺~鎌倉高校前間にて / 撮影:2009年

極楽寺にて / 撮影:2009年

------------------------------------------------------

▼MasaakiAsukayamaさんの動画より

------------------------------------------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.08

Gパンの穴

裾上にどうしても開いてしまう穴。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.07

G3@2011030703

雑誌「Pen」 定期購読で送られてくるときの封筒

| コメント (0) | トラックバック (0)

G3@2011030702

全労災からの案内を包んでいたビニール封筒

| コメント (0) | トラックバック (0)

G3@2011030701

京急カードの請求明細封筒
なにげに模様が飛行機に見えてしまうのは、
京急=羽田のイメージインされすぎかな?! (笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW

10時頃、雪が降ってきた。

数分でやや積もってきた。

今年、最後の雪になるのかな?
ちなみに今は止み、すっかり溶けてしまいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.06

SDVR. 2011-3

Sunday Server

UK Based Electronic!

名物かまど

製造:名物かまど

memo あんには厳選した大手亡豆を使用とのことです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

えびす 金山寺

金山寺みそ

製造:曽我増平商店 (愛媛県今治市)

memo ちょこっと ご飯にのせて食すのが、まさにミソな気がしました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

おがたのじゃこ天

四国宇和海の味。

ほたるじゃこ・たちうお・ひめじ

近海でとれた新鮮な小魚を使用、
骨や皮ごとすりつぶして揚げました。

(パッケージより)

販売:おがた蒲鉾 (愛媛県西予市)

memo 生でも、軽く焼いても美味しかったです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »