« ススキ | トップページ | 品川鉄道事始クッキー »

2013.11.04

アルピコ交通(松本電鉄) ED301 電気機関車

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

at アルピコ交通上高地線 新村車両所 (2013年9月・補修作業第1期終了時 撮影会)

-

▼撮影会時 案内より
ED30型電気機関車は、1926年にアメリカのウェスチングハウス社(電気機器)
及びボールドウィン社(車体)で製造され、信濃鉄道(JR大糸線の前身)で活躍していました。
信濃鉄道での運用終了後は、日本国有鉄道、岳南鉄道、西武鉄道と渡り歩き、
上高地線には1960年にやってきました。
これは東京電力による稲核、水殿、奈川渡の3ダム建設工事に対応するためであり、
僚友のED40型電気機関車と共に昼夜問わず資材輸送に活躍しました。
1974年に貨物営業が廃止された後は、主に新村車両所内の入れ換え作業や、
除雪に使用され、2005年に廃車となりました。
電気機関車としての役割を終えたED30型ですが、現在は11月から1月にかけて実施される
イルミネーション機関車として夢を運び続けます。

-

2013年11月現在
引き続き、有志の皆さんの手で補修作業が続けられています。

« ススキ | トップページ | 品川鉄道事始クッキー »